福岡土地ナビハウスフィールドの持続可能な開発目標(SDGs)

ハウスフィールドの持続可能な開発目標(SDGs)

ハウスフィールドは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs

ハウスフィールド SDGs宣言

株式会社ハウスフィールドは、国連が掲げる持続的な開発目標「SDGs」を私たちの企業行動につなげ、地域の社会的課題解決と経済成長の両立を目指します。
また、自社の強みを生かし、不動産サービスを通じお客様や地域から信頼され、必要とされ続ける存在として持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • 7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9:産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 11:住み続けられるまちづくりを
  • 12:つくる責任 つかう責任

社会・経済・環境への取り組み

ハウスフィールドでは太陽光発電によるクリーンなエネルギーと蓄電池を利用して家庭の電気を自給自足できる、地球環境に優しい住宅を目指します。
また、地域の皆様の快適で安全な暮らしを維持するため、自社の強みを生かした常に新しい不動産サービスをご提供し続け、地域社会の活性化と持続的な繁栄に貢献していきます。